ようこそ、綾部へ。綾部の観光お役立ち情報サイト

MENU

とちの実を使った特産品

とちの実とは

トチノキ(ムクロジ科トチノキ属の落葉広葉樹)の種子。種子は大きさ、艶、形ともにクリに似ていますが、色は濃く、球状をしています。トチノキは、水と土壌を選ぶ樹木で自生する地域が非常に少なく、また実をつけるには長い長い年月を有し、35年で「ひとかかえ」、100年経ってようやく「一斗(18L)」の実が収穫できるとも言われています。
綾部市の古屋集落は、樹齢500~1000年と言われるトチノキが、大小合わせて500本以上群生する世界的にも希少な地域です。

調理方法(加工の方法)

収穫したとちの実は、1ヵ月ほど天日干しして皮をむき、川に4~5日さらした後、2~3日灰につけてアク抜きをして、ようやく食用に加工できます。丁寧に下処理をしたトチの実を使い、ひとつひとつ手作りされるお餅やおかき、あられ、クッキーなどの製品。とちの実を拾ってから製品になるまで約2か月もの手間暇がかかっています!

ちなみに、とち餅のおススメ調理ナンバーワンは「ぜんざい」。とち餅特有のほろ苦さと甘味がベストマッチな美味しさです。
また2018年4月には、大変珍しいとちの実を使用した本格焼酎「栃神(とちがみ)」が構想から5年がかりで完成。酒造会社協力のもと試行錯誤を重ね、とちの風味を生かしながら、苦みを抑えた優しい味に仕上がっています。

とちの実製品の販売所

とちの実を加工したお餅、おかき、あられ、クッキーが購入できるお店は、あやべ観光案内所、あやべ特産館、あやべ温泉の各所。とちの実焼酎「栃神」は、先の店舗に加え、市内酒店でも購入できます。

 

あやセレ(海の京都DMO/綾部市観光協会の通販サイト)でもご購入いただけます。

 

生産者紹介 水源の里 古屋

水源の里 古屋は3世帯4人が暮らす京都府内で最も小さい集落。平均91歳を超えるおばあちゃんトリオのとちの実を使った特産品作りで村おこしに取り組む姿が話題となり、今では「古屋に来ると元気をもらう!」と、ボランティアが年間700人以上訪れるようになりました。とち餅、あられ、おかき、クッキーなどお馴染みのヒット商品に加え、今年4月にはトチの実焼酎「栃(とち)神(がみ)」が完成。トチの実製品は「地域の資源を守りたい。集落を元気にしたい!」そんな思いが詰まった製品です。 

「農の匠」、「森の名手・名人」に認定
水源の里 古屋のおばあちゃんたちの昔ながらのトチの実加工技術は、平成27年京都府農山村伝承技術登録・認定制度の「農の匠」、同年国土緑化推進機構が選定する「森の名手・名人」に認定されています。おばあちゃん達の技術はスゴイんです!特産品作りはおばあちゃんたちの生き甲斐にもなっています。

買う

おすすめ情報

  • 京 綾部ホテルの公式サイト
  • NHKの大河ドラマを誘致しましょう
  • 時と海の回廊
  • 「海の京都 探訪期」動画
  • 京都府綾部市 商品一覧ページはこちら
綾部市観光協会
〒623-0066 京都府綾部市駅前通り東石ヶ坪11番地の4
TEL : 0773-42-9550 FAX : 0773-42-8514

PAGETOP