ようこそ、綾部へ。綾部の観光お役立ち情報サイト

観光

人と文化と自然の交流

あやべグンゼスクエア

「あやべ特産館」「グンゼ博物苑」「綾部バラ園」の3施設からなる『あやべグンゼスクエア』が、2014年5月24日(土)にオープンしました。
京都府のほぼ中央に位置する街、綾部。
「蚕都」と呼ばれ繊維工業を中心に栄えた歴史が息づき、周囲には美しい里山や田園風景が広がっています。この街を訪れた方が、気軽に休憩をしたり、観光情報を入手したり、特産品や農産物などのお土産品を購入したりできる総合交流拠点として『あやべグンゼスクエア』は生まれました。
綾部の伝統文化や歴史を伝える町並み、豊かな自然を感じながら、思い思いに、ごゆっくりお過ごしいただける魅力いっぱいの観光スポットです。

スポットデータ

名称あやべグンゼスクエア
住所綾部市青野町亀無1番地の2
アクセス【自動車】舞鶴若狭自動車道「綾部IC」から約5分、京都縦貫自動車道「綾部安国寺IC」から約10分
【電車】JR山陰本線・舞鶴線「綾部駅」下車、北口から徒歩約10分、南口からあやバス「グンゼ綾部本社前」下車すぐ。
駐車場あり(普通車53台・大型車2台)
電話番号0773-43-0811(あやべ特産館)
URLhttp://www.ayabe-gunze-square.com/
料金無料

アクセスマップ

未来蔵

未来蔵

History and Roadmap of Innovation

2019年6月21日、未来蔵がリニューアルされました。新しい未来蔵は、グンゼ株式会社がプラスチックや電子部品、そしてメディカル事業に携わるようになったのかを伝えるために、グンゼの加工技術がどう変遷し、進化していったのかを展示しています。

  1. History and Roadmap of Innovation
    創業から現在までの当社の加工技術の進化、目指す方向性
  2. プラスチック事業ブース
    プラスチックごみやフードロス問題は大きな社会課題となっており、この課題に対する取り組み
  3. エンプラ事業ブース
    加工が難しいと言われているフッ素樹脂。この加工技術を進化させて、どのようにQOLの向上に役立っているかを表現
  4. QOL研究所・メディカル事業ブース
    まだ世に出ていない開発中の製品も含め、コア技術で医療の未来を変える取り組みを体験型の展示
  5. 電子部品事業ブース
    タッチパネルがどのような場面でお役に立っているかを紹介
  6. 研究開発ブース
    【新展示 スマートソファー】繊維加工技術×センシング技術
    座るだけで計測可能な製品で、睡眠時無呼吸症候群チェックや乳幼児突然死症候群の予防の用途など、さまざまな場面でお役に立てる可能性を持っています。
  7. SDGsへの取り組み
    「SDGs で夢を語る」をテーマに、お客さまにも参加していただき一緒に未来を考える展示

PAGE TOP