MENU

楞厳寺(関西花の寺)|綾部市観光協会

ようこそ、綾部へ
綾部の観光お役立ち情報サイト

楞厳寺(関西花の寺)

四季のカラスを描いた襖絵により「カラス寺」として親しまれています。

 

境内のボダイジュ、サルスベリ、ツバキが「三古木」として知られるほか、4月中旬~下旬にはツツジが参詣者を魅了します。

 

また、関西にある寺院の中でも特に有名な「花の寺」で結成された「関西花の寺25ヶ所」の第2番札所としても知られています。

基本情報

住所 綾部市舘町楞巌寺6
アクセス

【バス】JR綾部駅よりあやバス志賀南北線「舘バス停」下車

東へ徒歩15分

【自動車】国道27号線「味方」交差点から丹波大橋を渡って

府道8号線を直進。

「鳥ヶ坪」交差点を右折して府道9号線に入る。

「栗町」交差点で右折して、豊里郵便局の手前の道を左折し、

北へ進む。

電話 0773-47-0043
ホームページ
料金 境内内の拝観は無料 カラス襖絵の見学は志納金が必要
駐車場 あり
備考 カラス襖絵の見学は予約が必要

観る

PAGETOP