MENU

茗荷祭(阿須々伎神社)|綾部市観光協会

ようこそ、綾部へ
綾部の観光お役立ち情報サイト

茗荷祭(阿須々伎神社)

今から1400年前、金丸親王(麻呂子親王)の子孫・金里宰相が、金宮大明神(現在の阿須々伎神社)に茗荷を植えて国家の安泰と子孫の繁栄を祈願したところ、志賀郷に数々の不思議な現象が起こりました。

これを「志賀郷の七不思議」として今に伝えるのが茗荷祭です。

境内の「お宝田」に出る茗荷の出来具合で、その年の早稲・中稲・晩稲の出来栄えや風雨日照りの様子を占います。

餅つき、甘酒の接待やぜんざい・七色餅の販売もあります。

基本情報

開催場所

綾部市金河内町東谷1

阿須々伎神社

アクセス

【バス】JR綾部駅よりあやバス志賀南北線「金河内バス停」下車、北へ徒歩6分

【自動車】国道27号線「味方」交差点を右折し、丹波大橋を渡って府道8号線を直進。「鳥ヶ坪」交差点を右折して府道9号線を北上、物部郵便局先の五叉路を志賀郷方面へ入り府道490号線を進む。京都縦貫自動車道の高架橋をくぐり、あやバス「金河内バス停」前を左折して北へ進む

電話 0773-42-9550(綾部市観光協会)
ホームページ
料金 無料
駐車場 あり
例年開催日 2月3日
備考

祭り

PAGETOP