MENU

きゅうり封じ薬師大祭(宝住寺)|綾部市観光協会

ようこそ、綾部へ
綾部の観光お役立ち情報サイト

きゅうり封じ薬師大祭(宝住寺)

きゅうり封じの秘法は今から約1200年前、弘法大師が薬師如来の本願によって病魔・悪鬼をきゅうりに封じ込め、病を癒し自らの生命力を増進させ無病息災を得られたことが、その始まりと伝えられています。

 

約500年前、宝住寺の義海和尚は境外にあった薬師如来を境内に移し、薬師さんの縁日8日と、禅宗初祖・ダルマ大師の「七転八起」に因み、「起き上り薬師」として毎年7月8日に「きゅうり封じ」の秘法を勤修するようになりました。

 

きゅうり封じ祈祷薬師大祭は、「起き上り薬師」を祀り、無病息災・家内安全・交通安全など諸願成就を祈願するお祭りです。

 

ご祈祷された方には、ダルマと護符が授与されます。

基本情報

開催場所 綾部市味方町井上寺48 宝住寺
アクセス

【バス】JR綾部駅よりあやバス上林線または、紫水が丘・京綾部ホテル線「若宮酒造前」バス停下車、南へ徒歩2分

【自動車】国道27号線「新綾部大橋」交差点手前の山手側

電話 0773-42-1139
ホームページ
料金 祈祷料~3000円
駐車場 あり
例年開催日 7月8日
備考

祭り

PAGETOP